読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生ハナモゲラ

人生なんて、世界なんて無意味。それでいい。それがいい。

トム・デュムランについて

フランス旅行に来てまで更新するほどの内容ではないが、今のうちに書いておきたいので。
先日最終日にアシストもいなく1人遅れていったトム・デュムラン。誰かの負け方に似ているなあと思ったのですが、思い出した。2010年のジロのダビ・アローヨだ。
2010年は中盤の第11ステージで、40人が12分の大逃げを成功させるという、リーダーチーム(ヴィノクロフを擁するアスタナ)が大チョンボを犯してしまったわけだが、そこに含まれていたのがアローヨだったのだ。当時の逃げを見たら錚々たるメンツだ。

PETROV Evgeni KAT ←ペトロフ
  2. ITA CATALDO Dario QST ←カタルド
  3. ESP SASTRE CANDIL Carlos ←2008年ののツール覇者!
  4. GBR WIGGINS Bradley SKY ←2012年のツール覇者!
  5. RUS EFIMKIN Alexander ALM ←まあ兄ちゃんのウラジミールじゃないから恐るるに足らない(おい)
  6. GER GERDEMANN Linus MRM ←ゲルデマン!
  7. FRA PINEAU Jérôme QST  
  8. ESP ARROYO DURAN David GCE ←アローヨ
  9. ESP TONDO VOLPINI Xavier CTT←懐かしのトンド。R.I.P.
  10. BEL BAKELANTS Jan OLO ←バークランツ
  11. CRO KISERLOVSKI Robert LIQ ←キセルロウスキー
  12. COL SERPA PEREZ Jose Rodolfo AND 
  13. AUS PORTE Richie SAX ←この後、マリアローザ着用
  14. ESP MAYOZ ETXEBERRIA Iban FOT ←マヨZ 
  15. FRA VOECKLER Thomas BTL ←2012年ツール4位
  16. COL ARDILA CANO Mauricio Alberto RAB ←ラボバンクのクライマー
  17. FRA MONCOUTIE David COF ←ブエルタで山岳賞2回
  18. BEL DE GREEF Francis OLO 
  19. FRA DUPONT Hubert ALM 
  20. ITA CODOL Massimo ASA ←懐かしのアクアエサポーネの山岳アシスト
  21. NED KRUIJSWIJK Steven RAB ←キセルロウスキー
  22. BLR KIRYIENKA Vasil GCE ←キリエンカ
  23. RUS TROFIMOV Yury BTL ←今年のジロ総合10位
  24. GER RUSS Matthias MRM ←昔0秒差でマリアローザ着れなかった残念な人
  25. LUX DIDIER Laurent SAX 
  26. ITA AGNOLI Valerio LIQ ←アニョーリ
  27. ITA CHEULA Giampaolo FOT 
  28. ESP HORRACH RIPOLL Joan
  29. ITA BONO Matteo LAM
  30. ITA POZZOVIVO Domenico COG ←ジロの総合一桁の常連。今年のブエルタ総合11位
  31. GBR MILLAR David GRM ←ミラー
  32. IRL MARTIN Daniel GRM ←だにエル・マーティン 
  33. ITA DONATI Alessandro ASA 
  34. DEN SØRENSEN Chris Anker SAX ←クリスアンケルセレンセン
  35. SUI WYSS Marcel CTT 
  36. GBR WEGELIUS Charles OLO
  37. ITA CARUSO Giampaolo KAT 
  38. CRC AMADOR BIKKAZAKOVA Andrey GCE←今年のジロ総合4位
  39. ITA POSSONI Morris SKY 
  40. GBR CUMMINGS Stephen SKY ←カミングス
  
という40人が12分(中には7分くらいしか稼いでないけど)、これのおかげで最終日前日までアローヨがマリアローザを着ることになったが、最終日にイヴァン・バッソに逆転された。それでもアローヨはメンショフヴィノクロフエヴァンスらには先行してたわけでかなり強かったんだけど、結局彼らに追いつかれて、一緒にバッソを追うことを拒否され、結局バッソには負けてしまった。しかし、もし当時のアローヨのケースデパーニュに、チームメートのバルベルデがいたらルイスレオンがいたら、マウリシオソレルがいたら、ブルセギンがリタイアしてなかったらと考えると、やはり今回のデュムラン同様チーム力で負けたのかなあって。(一方のバッソリクイガスは、ニバリにキセルロウスキーにアニョーリにシュミットである)

もうちょっと言いたいことあったし、うまくまとめたかったけど、そろそろ活動します。フランスにいるんでね。